霧島工房 アイマス同人界の隅っこで蠢くピコ手改めフェム手サークル
次のイベントは コミックマーケット88 日曜日 東 メ-21a です!

他、各種イベント参加検討中

弊HPへのリンクはご自由にどうぞ。バナーはこちら

律子オンリー、3年ぶりの単独開催!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

ついに、この日が来てしまった……

というわけで皆さまいかがお過ごしでしょうか、霧島です。
もうちょっとこう、色々と更新していけよ、というお話もあろうかとは思いますが、それはもう今となっては過ぎ去ったことと言うか、時すでに遅し感があるのであれとして、とにもかくにもまずはイベント前日と言うことで頒布物の告知など。

まずは自サークルではなく、合同誌の方から!

秋月律子誕生日記念合同誌
オールリツコニッポン

オールリツコニッポン
68P 700円

北海道から沖縄まで日本まるごと秋月律子!
日本全国、律子が駆けまわる!?
総勢15名がお送りする、まるっと一冊秋月律子!!

数を数えると6月に出る律子合同誌は9冊目となりまして、まぁ、そのすべてが直系でつながっているわけではないですが私の中ではあの時からの流れがずっと続いているものだと、そう思って企画などをやらせていただいています。
ちなみに一冊目の誕生日本は、サンクリでの頒布だったんだZE! なんて、そんなお話はどうでもいいですね、はい。
こちらは、

律子13 りつまほ隊

での頒布となります。
といっても、霧島工房の隣ですが。

で、私の方の個人誌ですが、出ます。一応。
正直、律子オンリーにこの話もどうなのよと言う気もしなくはないですが、書いてしまったものはしょうがないです。と言うか、まぁ、いまさらではありますが私の想いの吐露、であります。

ONE FOR ALL
12P 100円

パラレルという掛け声の元に、アイドルからプロデューサー、そしてアイドルへと翻弄される律子を前にして、僕は何を思えばいいのだろう――
そんな、一律子Pの鬱屈した想いを、ここに。

という、割と身も蓋もない、一言で言うと「アイマス2とは何だったのかってか、あのゲーム割と酷かったよね」的なお話です。いつにもまして鬱屈してる感じなので、割と取扱注意な感じです。
と、そんな新刊の方は

律子14 霧島工房

で。
それではこれからコピーに参ります。
明日は、歌姫庭園5@大田区産業プラザPio 1F大展示ホール内、律子オンリー「律子に魔法を」を、よろしくお願いいたします!
【2014/05/31 17:10】 | 同人活動 | トラックバック(0) | コメント(0)

えーーーんびーーーえーーふ!

お休みなさいませ。霧島です。
久々に原稿で寝る時間を削ったおかげで今大変に眠くてふーらふーらーりー、です。
体力持つのは一時間です。
タイトルの勢いはこれ明らかに完全にまごうかたなき空元気です。
フル回転してます。

さて、気づいたら今年も三分の一が終わり、ごーるでんうぃーくなるものも終盤戦に突入している昨今、つまるところ明日5/3は毎年恒例都産祭はMBF7にございます。
今年も開催されるこちらのイベントに、そして私もまた今年も参加させていただいておる次第でありまして、なんとか無事新刊をご用意できそうなのでそちらの告知に参りましてございます。

輝きの魔法
16P 100円

渋谷凛 15歳
島村卯月 17歳
本田未央 15歳

そして、秋月律子 19歳
かつて輝きの向こう側を見たアイドルが、魔法使いとして奔走する。そんな元アイドルと、駈け出しアイドルのお話。

一言で言うと、律子が凛たちをプロデュースするお話ですが、主役はどちらかというと凛です。
今回は、未央が動かしていて楽しかったですね。あと、加蓮との絡みとかももっと入れられたらよかったんですが云々。
皆さまが期待している(?)めんどくさい感じの律子Pの独白めいた何かもアルヨ!
え? 誰も期待してないって? うん、知ってる。(スッ

と、そんな霧島工房約半年ぶりの新刊は

K-02 霧島工房

にて、完全独占頒布です!!
いや、ちょっと言ってみたかっただけです。
【2014/05/02 21:39】 | 同人活動 | トラックバック(0) | コメント(0)

律子オンリー!!!!!

といっても、プチオンリーですが。霧島です。

ご無沙汰にもほどがありま過ぎましたね……
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、一応3月の「蒼い歌姫」にもサークル参加しておったのですが、色々あって新刊が用意できずペーパーだけという体たらくになってしまい、情けないやら恥ずかしいやら……
こんなことではいけませんね……

さておき。

秋月律子プチオンリー「魔法を律子に」
りつまほ


です!

6/1に開催される歌姫庭園内にて、開催となります。
今まではD2RでおなじみのDelight to Ritsukoが歌姫庭園内で開催されるというパターンがあったのですが、今年は主催が多忙ということで律子オンリーがないということを聞き、D2R実行委員会のバックアップも受けながら、不肖私めが代わりに律子オンリーを主催させていただくこととなりました。
「ついに主催ですか!」とかたまに言われますが、実はプチオンリーであれば昔こんなことこんなことをやってるので、実は初めてじゃなかったりするんですよね。ええ。
とはいえ、6月に開催される律子オンリーの主催というのは、なんというかこう、やはり色々と期するものがあるというか、なんというか。
主催としてはもちろん、一サークルとしても、このイベントを盛り上げていきたいと思っておりますので、是非皆さま、ふるってのご参加を、サークル・一般ともに、お待ちしております。
ちなみに、ツイッターアカウントはこちら。

「律子に魔法を」公式アカウント

それでは、6/1に皆さまとお会いできるのを、楽しみにしております!
【2014/03/15 14:56】 | 同人活動 | トラックバック(0) | コメント(0)

聖戦、来る(デジャヴ

いやー、本当にご無沙汰しております、霧島です。

ご無沙汰している間、色々あった気もしますが、それはそれとしてそれとやら、ということでいかがでしょうか。いや、幕張の話とかグリマスの歌の話とか、色々語りたいことはありますけどね。
まぁ、それはまたの機会に置くとして。

此度の冬コミ、ここまで告知をしなかったことから察してくださる方(いらっしゃるかどうかは別にして)は察していただいてるかと思いますが、見事落選しまして、一方捨てる神あれば拾う神あり、おめーいいから律子本書いてこいよ、と言ってくださるありがたい方がいらっしゃいまして。
無事新刊を用意する方向で動いております。

さよならは別れの言葉じゃなくて
さよなら
??P 200円(予価)
音楽室から聞こえる歌を追え……なんていう話じゃなく。彼女との出会いは僥倖だったのだろうと今になって思う。如月千早という稀代の歌姫に、おそらく一番最初に出会えたという神の配剤に今は感謝するだけ。
これは、歌姫と称えられる如月千早の、プロローグにすぎない。そんな彼女との邂逅を、ここにまとめてみようと思う。

趣味丸出しの、りつちはです。センリツです。大好きです。センリツは正義です。千早に律子を飼ってほしいです。失礼、かみまいた。
イベント10日前に「表紙ください☆」というぶしつけなお願いにこんな素敵な表紙を下さった川泉ポメさまには毎度毎度のことながら頭の下がる思いであります。本当にありがとうございますm(_ _)m

そんな小粋なトークはさておき、そんな霧島さんの新刊があるはずのスペースは

31日 東フ-39a Penny Lane

です。川泉ポメさんの新刊のついでに、よかったら買っててくだしえ、というところで執筆に戻ります。うぇー。
【2013/12/28 23:32】 | 同人活動 | トラックバック(0) | コメント(0)

聖戦、来る

聖戦と言っても、バハムートではありません。霧島です。
いや、やってますけどね。割とちゃんと。課金はしてませんが。

というわけで、律子の誕生日以来御無沙汰しておりましたが、なんとかかんとか来る夏コミことコミックマーケット84にて新刊が出せそうなふいんき(変換できない)なので、そのお知らせなどなど。

または私は如何にして心配するのを止めて
アイドルをするようになったか

12P 100円


即売会から、きらめくステージへ。
「いやアタシはちょっとそういう華やかな世界の住人じゃないんで、いいんでスよー」と言った彼女は、何故アイドルデビューを決意したのか。
シンデレラガールズ、荒木比奈のシンデレラストーリー 序章

……なんともベタなタイトルですねー。
自分で言うのもなんですが。
というわけで、今回は自身初めての、まともなモバマス本です。
しかも、今回ツアーでメダルSRになった荒木比奈本です。
ちなみに、ツアーは比奈のために走ったら現在376位です。
んなことはどうでもよく。

そんなわけで、来る8/12(月)は、

東 ト-40b 霧島工房

を、ひとつよろしゅうお願い申し上げます。
【2013/08/08 23:26】 | 同人活動 | トラックバック(0) | コメント(0)

I love you.

「毎年思うんですけど、これって本当に誕生日プレゼント、なんですかね?」
「律子は嫌かい?」
「いえ……嫌、というわけでは……」
 普段着なれぬきらびやかなステージ衣装に、一年に一度だけ身を包む日。アイドルという立場から降りたはず――それも、もう七年くらい前の話だ――なのに、「魔法使い」に魔法をかけられて、ステージに戻ってくる日。社長とプロデューサーという関係から、プロデューサーとアイドルという懐かしい関係に、戻る日。
「ま、僕としては毎年律子の誕生日が仕事になっちゃって、二人きりでゆっくりいちゃいちゃ出来ないのは残念極まりないけど」
「……言っててください。まったく」
 残念ならやらなきゃいいのに……なんて言うとまた話がややこしくなるというのはこの八年近いの付き合いでよくわかっているから、言わない。もっとも、私も残念じゃないかと言われると……いや、やめておこう。
「にしても、毎年よく集まってくれるよね。ファンのみんなも」
「ありがたい話なんですけど、なんというか、申し訳ないような、そんな気も……」
 「誕生日限定復活ライブ」も、もう七回目。毎回毎回いっぱいいっぱいの応援をもらうと、こんな私に……なんていう風に、思ったりもしなくはない。
「申し訳ないって思うなら、いっそアイドルとして復帰する?」
「それはそれ、これはこれ、です」
「そっか、そりゃ残念」
 先の「残念」よりは多少実感がこもっている気がしなくもない「残念」に、胸の奥が少しだけうずく。でも、今の私はあくまで「プロデューサー」だから。それは、目の前のこの人も重々承知している、はずだ。
「いっそのこと、誕生日プレゼントは『僕』、なんて言えばいい?」
「……張り倒しますよ」
 なんだろう。一瞬でもしんみりした私が馬鹿みたいだ。馬鹿みたいだけれど、今更それをどうこう言うほど、この人との因縁も浅くはない。そういうところも含めて、伴侶として選んだのだから、それを云々するのは潔い話ではない。
「ごめんごめん、それはステージから帰ってきてから、ね」
「……もう。それじゃ、行ってきます」
「おう。みんなに祝ってきてもらいな」
 そう言って、ステージに送り出される。
 それじゃあ、行きますか――

『みんなー! 今年も、来てくれて、ありがとーーーー!』
【2013/06/23 00:00】 | SS(もどき含む) | トラックバック(0) | コメント(0)

引き返せないと知ってるから

この暮らし壊さないで。霧島です。
寝付かれぬ夜です。原稿的な意味で。寝ますけど。
寝て起きて書きますけど。

あ、コミケ当選しました。

◎貴サークルは、月曜日 東地区“ト”ブロック-40b に配置されました。

とのことです。
ありがたいことです。

閑話休題。
いよいよ明後日となりました歌姫庭園内Delight to Ritsuko 4th STAGEですが、もちろんサークル参加です。
たりめーです。
律子オンリーに出ないとか、ありえねーです。
で、目下新刊執筆中ですが、気分転換に告知させてくだせー。

告白
kokuhaku.jpg
コピー本 ??P 200円

引き返せないと知っているから この暮らし壊さないで――
アイドルという道から、プロデューサーという道へと進んだ律子。
その前に現れる、過去の幻影。
「もう一度……あのステージに立ってみないか?」
その言葉に揺れる、律子の心はどこへと向かうのか……

なんというか、自伝のような自伝でないような、そんな話です。
どちらかというと、めんどくさい系の話です。
そんな話でもよろしければ、是非よろしくお願いします。
ま、まだ完成してないんですけどね!!

当日スペースは

律子03 霧島工房

となります。

追伸
私の新刊もそうなんですが、むしろこっちの方をよろしくお願いしたく。

伝統と実績の律子誕生日合同誌、出ます!!

すべてを直系と言っていいのかという問題はありますが、律子誕生日本の歴史は古く、2006年までさかのぼることができます。
爾来8回、その血脈をある程度受け継いだ(と言っても多分歴代の編集責任者から怒られないと信じたい)律子誕生日本です。
歴代最高の厚さです。
お買い得です。
律子ぺろぺろです。
こちらは、

律子24

での頒布となります。

あと、等身大律子ポスター争奪戦も兼ねたシールラリーという企画もあるんですが、これは競争相手が増えると困るので告知するのはやめておきますね。

ほな、よろしゅうお願い致します!
【2013/06/01 00:04】 | 同人活動 | トラックバック(0) | コメント(0)

大変、御無沙汰しております

ガチャを膝に受けてしまってな。霧島です。
闇に飲まれました。お察しください。

それはさておき。
来る5/3はいわゆる一つの都産祭、中ではなんと6回目を数えるというMy Best Friendsが開催される運びとなっておるわけでして、霧島さんもそこにサークル参加しておるのですが。

申し訳ありません、新刊出ません。

あー。
ちなみに、ガチャを膝に受けたのが原因ではありません。
特段仕事が忙しかったわけでもないのですが、まぁ、なんというか、むしろそれなのにもかかわらず新刊が用意できなかったというこの事実はちと自分の中でも深刻だな、と思ったり思わなかったりするわけではあります。
というわけで、今回は既刊のみの展開となります。既刊は文字通り売るほどあるんですけどね……
既刊にご興味がおありの方は、

F31 霧島工房

まで、お運びいただければ幸甚であります。

次のイベントは6月のDelight to Ritsuko - 4th STAGEになります。
こっちはさすがに落とすと色々と洒落にならないので、こっちは頑張ります。
【2013/05/01 20:07】 | 同人活動 | トラックバック(0) | コメント(0)

どーもすいません。本当に告知がぎりぎりすぎて

え? 謝ることはない? 誰も期待してないからって?
そんな寂しいこと言わないでくださいよ、霧島です。
ほら、きっと世の中には僕の新刊を楽しみにしてくれてる人が10人、いや、5人……やめときましょう。

というわけで、最近恒例になりつつある、イベント直前告知タイムです。
直前すぎますね。はい。
明日です。
2/24です。
酷い話もあったものです。

如月千早中心 「THE iDOLM@STER」 オンリー同人誌即売会 蒼い歌姫

に、サークル参加いたします。
お品書きは、こちら!

目が逢う瞬間
12P 100円


孤高の存在、如月千早。あまり人に心を開こうとしない彼女の前に、ある日星井美希という、少女が現れる。
しつこく付きまとう彼女に、千早は……

みきちはです。
みきちはです。
みきちはです。
思えば去年の千早オンリーの本が割と酷いお話だったのですが、今回はだいぶ平和に仕上がっておると思います。コワクナイヨー
いや、ほんとに。

また、冬コミの新刊や、いつも通りnovel_YK/novel_Rといった既刊も持ち込みますので、そちらも一つ、よろしくお願い致します。

というわけで、明日は

千-14 霧島工房

を、ひとつよろしくお願い致します!
【2013/02/23 20:56】 | 同人活動 | トラックバック(0) | コメント(0)

謹賀新年

旧年中はお世話になりました。
本年も、変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


はい、というわけで年末の聖戦も終わり、無事2013年を迎える流れとなりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか、霧島です。
コミケで拙作を手に取っていただいた方におかれましては、感想などを頂けると拙僧小躍りして喜ぶものと思いますので、もしよろしければ一つ、よしなに、よしなに。
サークル活動は全盛期に比べると低調となったとはいえ、一年の活動を有明の会場で、オフセ本で締められたのはよかったかなと、そっと胸をなでおろしている次第であります。
本年も、全盛期ほどの勢いはないとは思いますが、もう少し、色々なイベントに出られたらなぁ、なんていうことを思っていますので、もし見かけられましたら変わらぬご愛顧を賜わられたらな、などと愚考する次第であります。
まずは2月の千早オンリー、ですね。
そのあとはまだ考えていませんが、MBFと、歌姫庭園3内で開催される6月の律子オンリーは確定と考えています。
とくに後者に関しては、ね。

さて、今年はどんな一年になりますか……
正直、去年一年は、場合によってはアイマスとの決別の一年となっていた可能性すらあったことを考えると、去年の年末、冬コミの会場にサークルとして立っていたのは奇跡的配剤だったのかな、などと思ったりもします。
いや、正直モバマスにはほとんど期待してなかったので……
ぶっちゃけ、3か月も持てばいい方だよね、なんて思ってました。ごめんなさい。
何かと物議を醸すことの多い、アイマスコンテンツ筆頭の問題児(?)ではありますが、自分にとっては残念ながら(??)ここ最近のアイマスの中では一番まともというか、一番正道を行ってるんじゃないかなどと思ってしまうわけです。
あんなもんゲームじゃねぇ! と言われりゃ確かにそうかもしれませんね、とは思いますがならアニマスいらないよね? と思ったり、課金が気違いじみてるなどと言われりゃ確かにそうかもしれませんね、とは思いますがコンテンツにお金落とすことがそのコンテンツを支え、繁栄させていくんだ! みたいなこと言ってませんでしたっけ? などと思ったり。
要は、価値観の問題ですか。
ただ、どういう形であれ、律子をプロデュースし、律子とともに歩めるモバマスは僕は好きです。
それこそ、アケマスに次ぐくらいには。
一方で、「アイマス」がこれでいいのだろうか……という風に思ったりもする面があるのは紛れもない事実なので、できれば、モバマスを捨ててもいいと思えるくらい、素敵な「次」ができるだけ早く来てほしいな、などと思うわけであります。

この話はあまりしすぎるとこう、色々と敵を増やすというか味方を減らしそうなのでこの辺でやめておくことにしましょう。

ともあれ、2013年も霧島工房と霧島義隆を、よろしくお願いいたします。
【2013/01/02 21:27】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ
  製作者様のHPはこちら!

フォローしたい奇特な方はこちら

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

管理人:霧島義隆

霧島義隆

元765プロ所属、今は律子と一緒に独立してとあるデレマス事務所「律子ぺろぺろの会」代表。気付いたら個人でもS3、事務所もs3。他、アケマス・アイマス2・アイモバ・ミリマスでもアイドルマスターの称号を取ったので自称5冠。ただしミリマスは引退済み。
なんちゃってSS書き。色々こじらせてめんどくさいと言われがち。

口癖は #律子ぺろぺろ
危ないので石は投げないでください。

個人ID:57798220
事務所ID:6698

一緒にぺろぺろする方、募集中です。

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。