FC2ブログ
霧島工房 アイマス同人界の隅っこで蠢くピコ手改めフェム手サークル
次のイベントは コミックマーケット88 日曜日 東 メ-21a です!

他、各種イベント参加検討中

弊HPへのリンクはご自由にどうぞ。バナーはこちら

律子オンリー、3年ぶりの単独開催!

またぞろ悪い癖が頭をもたげてきた

タブレット、買おうかな。霧島です。
珍しく(?)愚痴です。

気分を害されたらすいません。

かなりの鬱日記なんで、そいうの嫌いな方は読まない方がいいと思います。
一部の方はご存知かもしれませんが、いつものあの「発作」です。

しかも、かなり長いです。
まぁ、みくしの方ではちょくちょく同じような愚痴をこぼしているんですが、私にとってお絵描きができないというのは、実は超強烈なコンプレックスだったりします。

今をさかのぼること2年と半年ほど前(って、もうそんな前の話になるんだ……と、自分でもちょっと驚いてみたり)、故あってイベントにサークル参加したくなって、3ヶ月ほどお絵描きの練習をしたことが実はありました。
これでも自分としては割と本気で練習したんですよ。
毎日必ず1枚は描こう、って。
実際3ヶ月間は確かほぼ毎日描いてました。

恥をしのんで(もなにも、WEBで後悔してるのでいまさらではありますが)、当時の絵でもさらしてみましょうか。

http://www.katana.cx/~urajirou/mariimg/hetare050723.jpg

こいつは、某イベントのサークルカットに使った絵です。
まぁ、黒歴史ですね。(笑)

で、ほぼ同時期に、中学校時代のドンパでもあり、サークル並辿の相棒でもあるHiRaも、同時期にお絵描きの練習を始めたんですよ。
スタートラインは同じ、過ごした時空も同じ。
でも、3ヵ月後、彼の背中は見えないところまで行っていました。
何か決定的なきっかけがあったわけではありません。
ただ、「ああ、人にはやっぱり向き・不向きというのはあるんだな」と、改めて思って、それ以来私は絵を描かなくなりました。

ちなみに、初期にはこんな絵を描いていたHiRaも、

http://www.katana.cx/~urajirou/mariimg/hira/20050702_06.gif

最近ではこんな絵を描くようになっています。

http://www.katana.cx/~urajirou/mariimg/SE.jpg

ざっと2年の積み重ねというものを感じずにはいられません。

たかが3ヶ月しかやってないじゃん、というのは、多分大半の絵師さんの持つ感想だと思います。
ただ、その3ヶ月間お絵描きをやってみて、自分がある程度納得できるレベルまで達するのに一体どれくらいかかるのだろうと思ったとき、目の前に「絶望」の二文字が、浮かんできたんですよね……。
一応の目的を「同人誌即売会に出して、まぁ、それなりに見られるレベルの絵を描く」という部分に置いたとき、とてもじゃないけどそんなレベルに達するには一年二年じゃ駄目だな、と。

そりゃそうだよ、俺だってそうだったよ。

そんな声も聞こえてきそうですが、私の場合、すぐ隣にHiRaという存在があったことが、幸運でもあり、そしてある意味不幸だったのかも、知れません。
HiRaという絵師を得た私は、自分で絵を描かずともイベント参加できる手段を得ました。
そう、自分は文章を書いて、それにHiRaが挿絵を当てる、というスタイルです。
これで、私は文章さえ書けばイベントに出られるという環境を得るとともに、どうしても絵を描けるようにならなきゃいけないという縛りからも解放されてしました。

やがて私はアイマスに出会い、アイマスをやっていないHiRaに何度かアイマスの絵を描かせつつアイマスイベントに参加し、それでもさすがにいい加減ゲームをやってない人間に絵を描かせるのもどうなのよと思って、のりさんやkazu3さんに無理を言って絵を当ててもらって今にいたる、という流れです。

ただ。

すでに20回以上のイベントに参加して30冊以上の本を出してきて痛切に感じざるを得ないのは。

文字では、絵に勝てないのか……

という、このやるせない思い。

勝ち負けという言葉に違和感を感じる方もいらっしゃるでしょう。
売れれば勝ち? 売れなければ価値はない? そんなことないでしょ。好きだからやってるんでしょ?
そう思われる方が多いんじゃないでしょうか。

私も、基本そう思います。
というか、好きじゃなかったらこんな苦行じみたこと、できませんよ。(笑)
この2年余り、色んなものを犠牲にして私は同人活動をやっています。
それらを犠牲にしてまでやってるっていうのは、やっぱり物を書くことが好きだから、好きなキャラを動かすのが好きだから、そしてそれをみんなに読んでもらいたいから、だと思います。

そう、みんなに読んでもらいたいから、というのが根底にあるんです。
それも、紙媒体という形で。
単純に読んでもらうためだけなら、ネットで公開した方が多分多くの方に読んでもらえるでしょう。
手間だってかからないし、コストだってかからない。締切だってあるわけじゃない。
でも私は、あのイベント会場で人と人との交流の中で、自分の作品に何某かの対価を払ってもらって読んでもらいたい、そう思っているから、同人誌という形にこだわっているんだと思います。
自分の思いを多くの人に届けたい、読んでもらいたい。
まぁ、迷惑な話かもしれませんが、そのために私が選んだ、いや、選ばざるを得なかったメディアが小説なわけです。

ただ、小説という媒体は、やはり圧倒的に不利です。
即売会で、手に取ってもらってぱらっと中を見て、文字が並んでいるのを見た瞬間に机の上に戻されるという光景を、今まで数え切れないほど見てきました。
無論、自分の文章がつまらなくて置かれているのならそれは大いに反省しなければならないところですが、そうじゃなくって、小説本は最初っから相手にしていないっていう方がおそらく大半だと思います。
そこがまさに、「文字では、絵に勝てないのか……」と私が痛切に思う点、です。
少しでも沢山の人に手に取ってもらうために、例えば表紙を有名な方に描いてもらう。
確かにそれで出る数は増えるけど、それは「自分の話」が売れているわけじゃない。
でも、そうやって少しでも沢山の人に読んでもらえれば、あるいは自分のファンになってもらえるかもしれない、自分の思いが届くかもしれない……。
結構つらいジレンマだったりします。

まぁ、のりさんやkazu3さんに関しては、単純に私がファンだから、というのがお願いした一番大きな理由なんですけどね。(笑)
絵のレベルに勝てるとまでは言いませんが、頂いた絵に泥を塗るようなレベルの話は書いてないつもりです。
もっとも、それは私が判断することではないですが。

また、作家側でも壁を感じることが少なくなかったりします。
「お絵描き」という共通言語を持つ皆様の中に溶け込んでいくのって結構難しいなぁ…とか。
ここ数日、色んな縁あって某絵茶にお邪魔してたりするんですが、やっぱ自分自身がお絵かきできないと微妙に疎外感を感じてしまうんですよね。
これはどっちかというと、向こうが壁を作ってるんじゃなくって、自分が壁を作っているんでしょうけど。実際問題として会話だけでも楽しいですし。
ただ、絵描きでもない自分がここにいてもいいのかなーと、ふと思ってしまう瞬間が、あるとかないとか。
だったら行くなよ、っていう話なんですが(笑)
でも多分、今後もお邪魔していると思います。
邪魔だから二度と来るな、って言われるまで(ぉ

つか。

ぶっちゃけ、今回の合同本、どうだったんでしょうね?
面白かったんですかね。
自分の話でいうなら、100点満点で、甘めに採点して78点くらい。
本全体で見るならば、92点くらい(減点はすべて編集サイドのミスに起因するもの。誤字脱字や、少々読みにくくなってしまったレイアウトや、諸々)の本は出せたと思ってるんですが、今のところは特に表立った反響もないようで。
いや、普段頂かない感想を一件頂いただけでも十分嬉しいことではあるんですが、正直かなり入れ込んでいた企画だっただけに、もうちょっとなんらかの反応があってほしかったなぁ……というのが、まぁ、正直な気持ちだったり。
贅沢、ですかね。
やっぱ、所詮自分が書いている文章っていうのは、その程度のものなのかなぁ……。

……やヴぇ。本気で凹んできた。
これ以上書くと、なんかとんでもないことを言い出しそうなんで、この辺でやめておきます。
つか、十分「とんでもないこと」を言ってしまっている気もしなくはないですが。
今まではこの手の話はみくしで書いてたんですが、最近みくしに関しては色々な方との交友も出来てきて、あまり変なことも書けない、ってのがありまして。
でも、ちょっとこうやってある程度吐き出しておかないと本気でつぶれかねないんで、まぁ、「ああ、またいつもの発作か」、くらいに思っていただくか、「ばっかじゃねーの?」と嘲笑っておいて頂けると幸いです。
つか、仮にもオープンなスペースであるこっちのブログのほうが、見にきてる人が少ないっていう状況も、なんだかなぁっていう話でもあるんですが(笑)

これはイベントが終わると毎回かかるビョーキみたいなもの、なんですが、結局これを解消しようと思ったら、それこそ電撃あたりからプロデビューするか、自分でも絵が描けるようになるしかないのかなぁと、思う日々であります。
どっちも遠いなぁ……。
スポンサーサイト



【2007/11/26 15:40】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大変、お見苦しいところをお見せしてしまい…… | ホーム | 2日遅れのお疲れさまでした>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  製作者様のHPはこちら!

フォローしたい奇特な方はこちら

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

管理人:霧島義隆

霧島義隆

元765プロ所属、今は律子と一緒に独立してとあるデレマス事務所「律子ぺろぺろの会」代表。気付いたら個人でもS3、事務所もs3。他、アケマス・アイマス2・アイモバ・ミリマスでもアイドルマスターの称号を取ったので自称5冠。ただしミリマスは引退済み。
なんちゃってSS書き。色々こじらせてめんどくさいと言われがち。

口癖は #律子ぺろぺろ
危ないので石は投げないでください。

個人ID:57798220
事務所ID:6698

一緒にぺろぺろする方、募集中です。

最近の記事

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる