FC2ブログ
霧島工房 アイマス同人界の隅っこで蠢くピコ手改めフェム手サークル
次のイベントは コミックマーケット88 日曜日 東 メ-21a です!

他、各種イベント参加検討中

弊HPへのリンクはご自由にどうぞ。バナーはこちら

律子オンリー、3年ぶりの単独開催!

おたんじょうび おめでとう

「お疲れ様です」
「お疲れ……ってあれ? 律子、今日はオフだったんじゃ……?」
 今日は見るはずのなかった律子の姿に軽く驚く。小鳥さんもすでに帰ってしまったし、社長は確か取引先のお偉いさんと飲みに行ったから、今事務所には俺しかいないはずだ。
「え? ええ、まぁ。ただ、ちょっと近くまで来たんで顔を出してみただけです」
「そうか。まぁいいけど」
 別に、休みのときに事務所に来ちゃいけないという決まりがあるわけではないし、律子はもともと事務の手伝いもやっていたからこういう光景は珍しくはない。珍しくはないのだけれど……
「えっと、俺の顔に、何かついてる?」
 さっきから俺の顔をじっと見て、その場から動こうとしない。そんなに熱烈な視線を送られても、俺としても困ってしまう。
「え? あ、え……っと。そう、あの、今忙しいですか?」
「へ? まぁ、おかげさまでそれなりには忙しいけど」
「そう、そうですよね。うん」
 そう言ってうなずいて、それでもその場を動こうとしない。おかしい、明らかに様子がおかしい。
「律子、何か言いたいことがあるな……」
「プロデューサー!」
「は、はい?」
 俺の言葉をさえぎって、律子が素っ頓狂な声を上げた。釣られて思わず、俺の声も上ずってしまう。
「あ、あの! ちょっと休憩しませんか?」
「へ?」
「その、うん、ほら、あまり根詰めて仕事しても息が詰まっちゃうでしょ? 休憩しましょう、休憩。私、コーヒー入れてきますから!」
「い、いや、おい、律子!」
 俺の呼びかけに振り返ることもなく、給湯室へと入ってしまう。一体、何があったというのか。普段、こういう理解に苦しむ行動なんてあまりとらない律子だけに、正直非常に面食らうことこの上ない。
「お待たせしました」
「あ? ああ……」
 程なく戻ってきた律子の手には、お盆と、それに載ったマグカップが二つと、
「ケーキ?」
「え、ええ……プロデューサー、甘いもの、大丈夫ですよね?」
「ああ、残念ながら大丈夫だ」
 ちょうど小腹がすいていたから、このケーキは少しうれしい。うれしいのだけど……
「律子、これって……」
「プロデューサー、今日、誕生日ですよね?」
「よく知ってたな、そんなこと」
「自分がお世話になっている人の誕生日くらい、ちゃんと知ってて当然だと思いますけど」
「そうか。それはありがとう。それで、これは?」
 そう、目の前にドン! とばかりに置かれたのは、いわゆるホールケーキ。イチゴのショートケーキ、だと思うのだけど、既製品にしてはどうも形が変な気がしてしょうがない。
「誕生日ケーキです」
「だろうなぁ。『おたんじょうび おめでとう』って書いてるもんなぁ。ひらがなで」
「う、うるさいなぁ……漢字は難しくって書けなかったんですよ!」
「ってことは、やっぱり……」
「その、春香に、色々と教わって」
 段々と声が小さくなっていく。それにつれて、顔も少し赤くなってる気がする。なんだなんだ? こんな展開、予想もしていなかったぞ?
「えっと……その、ありがとう」
「い、いいえ、どういたしまして。いつも……お世話になってるから。その、誕生日、おめでとうございます」
 その一言に、思わずぐっと来る。今まで色々と文句も言われてきたけど、それでも律子は律子なりに、俺のことを信頼してくれてるんだな、なんて。
「あーーっと、わ、私、このあと用事があるんで! それじゃ、失礼します!」
「っておい、律子!」
 俺の止める言葉も聞かず、立ち上がってそのまま事務所を出て行ってしまった。あとに残されたのは、誕生日を迎えた男一人と、一人で食べるにはちょっと量が多いケーキと、少しさめたコーヒー。
(これ、俺一人で食べるのか?)
 でも、それはそれでありかな、なんて思っている自分がいた。
はっぴーばーすでーつーみーっ!

霧島です。
はい、本日が誕生日でございます。
私の。(ぉ

というわけで、律っちゃんに祝ってもらいました。
なんという自作自演!(爆)

いや、アイドルの誕生日SSとかってのはよくあるけど、その逆ってあんまなくね? ってことで。

でも、キレ味としてはいまいちどころかいまにくらいですねー。
メガニーじゃないですよ?
まぁ、一発書きだとこんなものです。
ダメジャーン。

そんな感じで、また今年もよろしくお願いします。ぃぇー。
スポンサーサイト



【2009/01/26 17:01】 | SS(もどき含む) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<「ツボだったのは千早が律子を飼う小説」 | ホーム | 霧島は歌姫中/島/み/ゆ/きに腹を切ってわびるべきだ>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  製作者様のHPはこちら!

フォローしたい奇特な方はこちら

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

管理人:霧島義隆

霧島義隆

元765プロ所属、今は律子と一緒に独立してとあるデレマス事務所「律子ぺろぺろの会」代表。気付いたら個人でもS3、事務所もs3。他、アケマス・アイマス2・アイモバ・ミリマスでもアイドルマスターの称号を取ったので自称5冠。ただしミリマスは引退済み。
なんちゃってSS書き。色々こじらせてめんどくさいと言われがち。

口癖は #律子ぺろぺろ
危ないので石は投げないでください。

個人ID:57798220
事務所ID:6698

一緒にぺろぺろする方、募集中です。

最近の記事

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる