FC2ブログ
霧島工房 アイマス同人界の隅っこで蠢くピコ手改めフェム手サークル
次のイベントは コミックマーケット88 日曜日 東 メ-21a です!

他、各種イベント参加検討中

弊HPへのリンクはご自由にどうぞ。バナーはこちら

律子オンリー、3年ぶりの単独開催!

コンプレックス(原案)

「あ、おはようございます。律子……さん」
「おはよう、美希。今日はレッスン?」
「うん。あ、はい……なの」
「そう、頑張ってね」
「ふぅ……」
「また随分と大きなため息ですね、律子さん」
「もう、からかわないで下さいよ、プロデューサー」
「いやいや、からかってなんかないぞ。担当アイドルがそんな大きなため息をしていちゃ、プロデューサーとしては気にしないわけにもいくまい?」
「まぁ……それはそうかもしれませんけど」
「で、そのため息は深刻な悩みなのかな?」
「うーん……別にたいしたことじゃないですよ。相変わらず美希には怖がられてるみたいだな、って」
「そりゃ、律子は泣く子も黙る鬼軍曹だからなぁ」
「……何かおっしゃいましたか? プロデューサー殿?」
「嫌だなぁ、ちょっとした冗談じゃないですか。笑顔が怖いですよ? 律子さん」
「まったく……担当アイドル捕まえて『鬼軍曹』なんて、あんまりですよ。そりゃ、全面的に否定できない面がないとは言いませんけど……」
「大丈夫だよ。そういうところが好きっていうファンもたくさんいるんだし、律子だって、ちゃんとかわいいもあるから」
「それ、あまりほめられてる気がしないんですけど……」
「気のせい気のせい。それより、さっきのため息の理由は本当にそれだけ?」
「え?」
「美希に怖がられてるのは今に始まったことじゃないし、それにその程度のことでつくため息にしては、随分と深刻そうな顔をしていたけど?」
「そんなに深刻そうな顔をしてました? 私」
「割と、かなり」
「まぁ……そうですね……。最近美希も随分変わってきたな、って思って」
「確かに。最初、うちの事務所に来た時は、確かにルックスはいいけど正直成功させるのは難しいんじゃないかって、俺も思ってたよ」
「この業界のこと、なめてるとしか思えませんでしたし。社長の目も随分と曇ったもんだ、なんて思いましたよ」
「ははは。まぁ、社長も『最初は世紀の逸材だ! と思ったんだがなぁ……』なんて言ってたしな」
「お、その物まね、ちょっと似てましたよ。どうです? プロデューサーも物まね芸人としてデビューとか」
「社長の物まねしたって飯は食えないだろ? それはそれとして、結果として社長の見立ては正しかった、ということになるのかな」
「そうですね……。担当プロデューサーに恵まれた、っていうことはあるにせよ、少なくともそれだけの素質はあった、ってことですよね」
「同じ事務所所属の人間としては嬉しい反面、強力なライバルにもなるわけだから、複雑な気分ではあるね」
「そこなんです。私、ただでさえ地味なのに、同じ事務所であれだけ目立つ子が出てきちゃうと埋没しちゃうような気がして……」
「気にすることはないさ。ファンにとっては、誰がどこの事務所に所属しているかなんてことは関係ないしな」
「でも、事務所にとってはそうじゃないでしょ? より売れる方にリソースを割こうとするのは当然のことだと思うし」
「つまり律子は、自分で負けを認めると、こういうことかな?」
「え?」
「律子としては、事務所からそう見られてもやむを得ない、自分は美希と比べると劣っていると、認めるのか?」
「それは……。だって、私よりずっとかわいいし、歌もダンスも、最近目に見えて上達してきてるし……あたっ! いきなり何するんですかっ! デコピンなんて!」
「いい加減、『身の程』をわきまえたらどうだ?」
「わきまえてます。わきまえてるからこそ……」
「いや、わきまえてない。律子、律子は自分のことを過小評価しすぎだよ」
「そんな気休めなんていりません」
「気休めなんかじゃないさ。じゃあ、今の律子を応援してくれるファンの存在は、一体何なんだ?」
「何なんだって……それは……」
「律子だって知ってるだろ? 毎日のように来ているファンレターとか、あるいはCDのセールスだってそうだ。律子はその現実を否定するのか?」
「それは……その、戦略がはまったからであって……」
「それでいいじゃないか。アイドルってのは偶像だ。『秋月律子』というアイドルは、俺と律子で創り上げてきたものだ。そしてその創り上げてきた『秋月律子』を応援してくれるファンたちが、確実にこれだけの数いるってことは、紛れもない事実じゃないか?」
「……」
「だから、律子は何も引け目に感じる必要なんてない。律子は『秋月律子』であるからこそ、価値がある。律子だってそれはわかっているんじゃないか?」
「そう、ですね……」
「ま、そう考えてみると多少寂しい部分もあるが、この業界っていうのは、結局そういうものだろうからな。だから俺はこれからも、『秋月律子』をプロデュースしつづけるよ」
「わかりました。そういうことなら私も腹をくくらないと、ね。これからもよろしく、プロデューサー」
「おう、こちらこそよろしくな」
はい、場つなぎ的更新でこんばんわ、霧島です。
4/27向けの原稿がいい感じにかぐわしくなってきていて、ちょっとHPの方まで手が回りそうにないからって、昔の書きかけのSSを引っ張り出してきてまたまたアリバイ工作的な更新ですいません。
「美希律 愛の劇場」に関しては、とりあえず4/27が終わった後あたりからぼちぼちと動かせたらいいなぁ、という希望的観測をお送りしておくことにします。
一応、デートの内容とか、律っちゃんにどんな格好をさせるかとか、色々妄想はたくましくしているんですが、如何せんファッションセンスがゼロをとっこしてマイナスの人間なので、なかなか難しいものがあります(笑)

でまぁ、今回のSSもどきですが、元ファイルのタイムスタンプを見てみると、製作日が2007年3月になっていましてね。

1年前かよ。

なんのこたぁない、1年前からおんなじようなことを考えていたっちゅーことですね(笑)

これが原型になって、今の美希律シリーズがある、そんな感じでしょうか。

そんな感じで、もうしばらく生暖かい目で見守っていただけるとこれこれ幸いこれ幸い、でございます。

あと、こっそりひっそりリンクを追加いたしました。

片隅の一しょう瓶。
依坂さんバナー

依坂 しょう様

いつの間にかリンクが張られていたので仕返しもとい折り返し……じゃなかった、お返しです(ぉ

以下、はくすれすー

ガミガミ先生江
いやー、ほんと、まさかのお隣配置(笑)
お互い、もう片方に律っちゃんサークル大手を背負ってしまいましたが(ぉ、一つみんなで盛り上がってまいりまSHOW!!

Taqさま江
>霧島先生×ガミさん本
ちょっーーーーーーっっっ!!!!(爆)
ない、ないない、それはぜーーーーったいに、ない!!(笑)
スポンサーサイト



【2008/04/18 11:21】 | SS(もどき含む) | トラックバック(0) | コメント(2)
<<さーーーーっ! もーーーりあがってまいりましたーーっ!!(裏声 | ホーム | ばたばたっと、スペース確定>>

コメント

あわわバレてしまった…。(ぉ
ではなくお返しリンクありがとうございますー。

はじめまして依坂と申します今後ともよろしくお願いしますm(__)m
律っちゃんはコンプレックスも含めて可愛いですよねぇ…。(ぉ
実際そんな事を考えるいじらしい所は非常に可愛いと思いますです。
【2008/04/20 01:13】 URL | 依坂 #hF93heNE[ 編集]
依坂さま江
むしろ、今まで気付かずに失礼いたしましたm(_ _)m
某巨大SNSや、イベントのカタログなどではよくお名前を拝見しているのでなんだか「はじめまして」っていう気がしないのが不思議ですが(笑)

律っちゃんに関しては、無論眼鏡とかお下げとかそういう外見的なところもさることながら、個人的にはコンプレックス含めた性格全般的な部分がやっぱ魅力だと思うわけですよ!
ローソンだのなんだの言ってわかったような気になるな! みたいな(笑)
【2008/04/22 20:36】 URL | きりしま #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  製作者様のHPはこちら!

フォローしたい奇特な方はこちら

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

管理人:霧島義隆

霧島義隆

元765プロ所属、今は律子と一緒に独立してとあるデレマス事務所「律子ぺろぺろの会」代表。気付いたら個人でもS3、事務所もs3。他、アケマス・アイマス2・アイモバ・ミリマスでもアイドルマスターの称号を取ったので自称5冠。ただしミリマスは引退済み。
なんちゃってSS書き。色々こじらせてめんどくさいと言われがち。

口癖は #律子ぺろぺろ
危ないので石は投げないでください。

個人ID:57798220
事務所ID:6698

一緒にぺろぺろする方、募集中です。

最近の記事

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる