FC2ブログ
霧島工房 アイマス同人界の隅っこで蠢くピコ手改めフェム手サークル
次のイベントは コミックマーケット88 日曜日 東 メ-21a です!

他、各種イベント参加検討中

弊HPへのリンクはご自由にどうぞ。バナーはこちら

律子オンリー、3年ぶりの単独開催!

誕生

「それじゃ、お疲れ様でしたー!」
「お先に失礼しますねー」
「千早ちゃん、また明日」
「はい、今日は本当にありがとうございました」
 二月二十五日。そう、今日は私の誕生日。数年前までは祝ってくれる人もおらず、寂しい思い出しかなかったこの日も、765プロという場所、そして得がたい仲間に出会えたおかげで、改めて「嬉しい日」だという風に思えるようになった。
 こうやって大勢の仲間に誕生日を祝ってもらう、そんな日がくるなんて、ここに来るまで思ってもいなかった。遠い昔、まだ私にも「家族」と呼べる存在があったころ、確かこんな日があったように、かすかに記憶はしているのだけれど。
「あれ? 千早、まだ帰ってなかったのか?」
「あ、プロデューサー。一応、片付けをしておこうと思いまして」
 もう誰も残っていないと思った事務所、かけられた声に振り向くと、少し驚いたような顔をしているプロデューサーの姿があった。私の言葉を聞いて、驚きが苦笑いに変容する。
「おいおい、今日の主賓は千早だろ? 千早がそんなことする必要ないじゃないか」
「気にしないでください。私がやりたいからやっているだけ、ですから」
 といっても、みんなで一通り片付けた後だから、言うほど散らかっているわけではない。ただ、今日という日の残り香に少しひたりたかったということの方が大きい。
「そうか。じゃあ僕も手伝うよ」
「そんな、プロデューサーもお疲れでしょうし……」
「いいっていいって。それとも迷惑かな?」
「そこまでおっしゃるなら……」
 他に誰もいない空間でプロデューサーと二人、事務所を片付ける。元々それほど散らかっていたわけでもないその空間は、二人がかりだとあっという間に片付いてしまった。
「こんなもんかな」
「そうですね……」
 明日からまたこの場所はいつもの顔に戻る。当たり前のことではあるけれど、ほんの少し、それを寂しいと思う自分がいる。こんな気持ち、私の中にもまだ残っていたなんて。
「変わったな、千早は」
「え?」
 突然、しみじみそんなことを言い出すプロデューサー。小さく声を上げた私に、穏やかな笑みで言葉を続ける。
「僕と出逢った頃の千早は、今日みたいに笑うなんてことなかったな、と思ってさ。ずっと一人気を張って、周りを拒絶するというか、そんな雰囲気をかもし出していたから」
「そう……ですね。確かにあの頃の私は誰のことも信頼せずにただただ自分だけで手一杯で……もしあのままの私だったらどうなっていたか、考えるだけでもぞっとします」
「そうか。そう思えるようになったってことは、やっぱり随分と変わったってことだな。それもいい方向に」
 事務所の仲間、仕事で関わった人たち、そしてプロデューサー。人と交わることで自分が変わっていく、当たり前のことだけど、その辿り着いた場所が今ここだというのなら、それは私にとってもきっと、幸せなことだったのだろう。
「『一人でも私は生きられるけど でも誰かとならば人生ははるかに違う……』」
「『強気で強気で生きてる人ほど、些細な寂しさでつまずくものよ』」
 そう、今、この出会いがなかったとしても、それはそれなりの人生というものが私にも多分用意されていたのだろう。でも、この「誰か」がいたから、今の私がいる。だから私は、今日という日を借りて、自分の大切な人にその気持ちを伝えたい、そう思う。
「プロデューサー。今日までありがとうございました。私、プロデューサーと出逢えて、本当によかったと思います」
「ど、どうしたんだ? 急に。その言い方だとまるで……」
「そんな顔しないでください。別にどこかに行ったりするわけじゃありません。ただ、今日こうやって誕生日を迎えることが出来たのはプロデューサーのおかげだと、思うから……」
 そこまで言って、ものすごく恥ずかしいことを言っているような気が急にしてきた。なんだかプロデューサーの顔が直視できない。
「千早……『生まれてくれてWelcome』」
 肩に回されたプロデューサーの腕、そこから伝わってくる体温が、今の私にはとても心地よかった……


と、いうわけで。

はっぴーばーすでぃとぅーーーちーちゃん!!

このラストのあと、ちーちゃんとPがどうなったかなんて、そんなことを尋ねる人は野暮ってモノですよ?
っていうかむしろそいうことをいう霧島さんが野暮なわけですが。

今回のコンセプトは、「誕生」(中 島みゆき)、です。
うわ、身もふたもねぇ(笑)

稀代の名アルバム、「EAST ASIA」の真ん中、五曲目を守るこの歌は、Maybeとの両A面シングルとしても……とかいう解説はもういいや。(ぉ

とりあえずこんな歌詞です。

なんか、この歌を聞いてると千早の誕生日と絡めた話を書きたくってですね。
書いてみたんですけどね。
微妙ですね。
個人的には、この「誕生」と「傷ついた翼」の2曲が、千早のテーマ曲だと思っています。
え? 僕だけ? あ、そう。残念です。
あー、千早にこの2曲、歌って欲しいなぁ……
ああ、あと亜美真美には思いっきりこぶしを利かせて「浅い眠り」を、是非一つ。

ま、そんな感じで。

それにしても、ちーちゃんのお誕生会2のサークル数が大変なことになりそうですね。
今年一発目のアイマスオンリーだから、でしょうね。
今からイベントが楽しみです。
おいらも原稿頑張らないと……
スポンサーサイト



【2008/02/25 16:22】 | SS(もどき含む) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<あの会場、そんなに広かったっけ? | ホーム | そろそろ、ケツに火がついてきた>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  製作者様のHPはこちら!

フォローしたい奇特な方はこちら

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

管理人:霧島義隆

霧島義隆

元765プロ所属、今は律子と一緒に独立してとあるデレマス事務所「律子ぺろぺろの会」代表。気付いたら個人でもS3、事務所もs3。他、アケマス・アイマス2・アイモバ・ミリマスでもアイドルマスターの称号を取ったので自称5冠。ただしミリマスは引退済み。
なんちゃってSS書き。色々こじらせてめんどくさいと言われがち。

口癖は #律子ぺろぺろ
危ないので石は投げないでください。

個人ID:57798220
事務所ID:6698

一緒にぺろぺろする方、募集中です。

最近の記事

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる