FC2ブログ
霧島工房 アイマス同人界の隅っこで蠢くピコ手改めフェム手サークル
次のイベントは コミックマーケット88 日曜日 東 メ-21a です!

他、各種イベント参加検討中

弊HPへのリンクはご自由にどうぞ。バナーはこちら

律子オンリー、3年ぶりの単独開催!

初めてのお買い物 その2

この辺のお話の続きと思いねぇ。



(それにしても……)
 隣に並んで歩く美希を見ていると、改めて彼女の持つ「華」に気付かされる。野暮ったい伊達眼鏡と、カラースプレーで偽装した髪の毛、どこから見てもいつもの美希とは違うのに、それでもにじみ出るものは隠せないのか、さっきからちらちらとこっちを見ている人が何人もいる。
(どう考えても、釣り合わないわよね……)
 変装するまでもなく、街中を歩いていても声をかけられることなんてほとんどない私、変装していてもなお、道行く人が振り返る美希。そもそも、私がアイドルデビューするなんてこと自体、想像すらしていなかったわけだけど。
 オフの日までこの悩みが頭をもたげてくるなんて……まったく、因果な話だ。そんなことを考えていると、ふいに袖を引かれた。
「ん? どうかした?」
 袖を引いたのは、もちろん美希。なんだか、妙に不安そうな顔をしている。
「律子さん、ミキと歩いてて、楽しくない?」
「え? どうして?」
「だって、さっきから律子さん、なんだかずっと暗い顔してるから……」
 そんな風に、妙に寂しそうに言う美希を見て少し反省する。そうだ、せっかくのオフなんだし、しかも一人でいるわけじゃないんだから、あまり暗い顔ばかりしているのもよくない、か。
「大丈夫、そんなことないわ。ちょっと考え事をしてただけ」
「考え事?」
「さっき、美希がファンに囲まれて大変なことになった、って言ってたじゃない? 私って、デビューしてからもそういう経験がないがないから、ちょっと、その」
 悔しい……と言いかけて、口をつぐむ。悔しい? 元々そんなこと望んでいたわけじゃないの? でも美希の話を聞いて、少し羨ましいと思ったのも事実……そんな複雑な心境が、語尾を濁らせた。
「んー。つまり、律子さんももっと目立ちたい、ってこと?」
「えっと……別に、そういうわけじゃ……」
「なぁんだ。そういうことなら大丈夫、ミキに任せて!」
 ない、と言おうとしたら、美希がそれをさえぎるように満面の笑みを浮かべて胸を張った。
「ま、任せるって、何を?」
「律子さんって素材はいいから、ちゃんと磨けば光るよ、ミキが保証する!」
「い、いや、えっと……」
 あ、あれ? なんだか話が勝手に進んでいるような気がするのは、気のせい?
「それじゃ、律子さん変身大作戦その一、れっつごー! なの!」
「え? あ、ちょ、ちょっと美希、危ないから手、引っ張らないで!」
 目を輝かせて私の手を引く美希に、私は一抹の不安を感じずにはいられなかった……

*

「まずは、その眼鏡を何とかするの」
 そんなわけで、まず連れてこられたのは眼鏡屋。なんとなく展開が読めたので、機先を制しておくことにする。
「先に言っておくけど、コンタクトにはしないわよ?」
「えー? どうしてー?」
 案の定、美希が不満そうな顔をした。やっぱりそうだったのか。
「どうしてって……目の中に物を入れるなんて、そんな恐ろしいことできるわけないじゃない」
「むー。そんなの、やってみないとわからないよ」
 そう言って、美希が不満げに頬を膨らませる。まったく……自分がするわけじゃないからって無責任な。
「じゃあ美希、やってみる?」
「ミキは目、悪くないから必要ないの」
 そりゃそうだ。美希が今かけているのは変装用の伊達眼鏡。美希の目が悪いなんて話は聞いたことがない。
「ほら、カラコンとかあるじゃない。ああいうのには興味ないの?」
「んー。昔はちょっと興味あったけど、今は別に。そんなことしなくてもミキ、じゅーぶんいけてるし」
「あ、そう」
 むぅ。こうもあっけらかんと言われると、嫌味にも聞こえない。まったく、恐ろしい子だ。
「じゃあじゃあせめて、その野暮ったいフレームを何とかしようよ。それだけでも結構、雰囲気変わると思うな」
「野暮ったくて悪かったわね」
「ぅー。そんな怖い顔、して欲しくないの……」
「う……ごめん……」
 どうも美希と話をしていると調子が狂う。これがプロデューサー相手だと多少邪険に扱っても問題はないのだけれど……。
「じゃあさっそく、色々なフレームを試してみるの!」
 さっき泣いたカラスが……なんて言葉がふと頭をよぎる。ほんと、表情豊かというか、なんというか……でも、こういうところが美希の魅力なんだろうなぁと、改めて感じずにはいられなかった。


はい、全国1000万人の律っちゃんファン、全国300人の美希律ファン、そして全国?人の霧島ファンの皆さま、お待たせいたしました。霧島です。
たかだかこの程度の分量書くのにどんだけかかっとんねんという厳しいご指摘も頂きそうな昨今ではございますが、まぁ、そこは気長に見守ってください、ということで。

そうそう、L4U、出ましたねー。
我が家にもやってきましたよ。美希ドールが。
この方を見ていると、「あー、おいらもAZONEとかで服買いてぇ~~~」とか思うんですが、値札を見ているとちょっと二の足三の足を踏まざるを得ない、そんなチキンボーイです。

でまぁ、ゲームですが。

ぶっちゃけ、やってません。
というか、やれてません。orz


あのね。
原稿がね。
やヴぁいのよ。

ちーちゃんのお誕生会向け原稿がまずあって、こいつが3/16あたりまでには脱稿していないとまずい状態、そして間髪おかず3月末締切でMBF向け合同誌原稿の締切があり、それが終わったら息つく間もなく合同誌の編集作業&4/27向け原稿、その向こうに透けて見えるのが6/24の原稿2本、そして7/27ゆきぽ、夏コミあたりまで来るとまだ構想すら練れていない状態……

だめだこいつ、はやくなんとかしないと……

あと、あれですわ。
周りで色んな反応が出ているのを見ていると、なんかそれだけで微妙におなか一杯感が漂ってきたというか、なんというか……
でもまぁ、好きな衣装をパラメーター気にせずに律っちゃんに着せて、踊る律っちゃんを見たくない買って言われると、そりゃ見たいですよ?
なんでまぁ、できるだけ早い時期に、封印(?)をとこうとは思っています。

それよりも、今はアケ版のやよいソロが個人的には熱いんですが。(笑)
現状、49週目で198万人、思い出残弾13。
あと2週ほどレッスンをして思い出を稼いで、残り10週を平均7万ちょいで乗り切って270万に乗ったら嬉しいな……とか。
まぁ、まずは自分の歴代最高記録、256万越えを目指します。はい。

そんなわけで、合言葉は!

「なんでこんばんわやねん!」
スポンサーサイト



【2008/03/03 17:24】 | SS(もどき含む) | トラックバック(0) | コメント(2)
<<第2弾、打ち上げます! | ホーム | あの会場、そんなに広かったっけ?>>

コメント

続ききてれぅ──ζ*'ヮ')ζ──!!
美希の天然パワーが律っちゃんのネガティブ魂を刺激しまくりですが、それがいい!
美希が律っちゃんに魔法をかけてあげる展開とは予想GUYでした。続き楽しみにまってれぅ!
【2008/03/04 01:00】 URL | Taq #foLeBItc[ 編集]
Taqさま江
お待たせいたしました。
この後、美希美希が律っちゃんにどういう魔法をかけていくのか、私もまだわかりませんが(ぉ、これからも美希美希の輝きに律っちゃんがネガるシーンがてんこもりじゃないかと思います(爆)
でも、そんな律っちゃんにかまわず美希美希はきっとメロメロになっていくはずなので、その辺も楽しみにしていただければ、イイカナ?イイカナ??

というか、自分が楽しみです(ぉ
【2008/03/06 10:34】 URL | 霧島 #V.dLrimI[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  製作者様のHPはこちら!

フォローしたい奇特な方はこちら

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

管理人:霧島義隆

霧島義隆

元765プロ所属、今は律子と一緒に独立してとあるデレマス事務所「律子ぺろぺろの会」代表。気付いたら個人でもS3、事務所もs3。他、アケマス・アイマス2・アイモバ・ミリマスでもアイドルマスターの称号を取ったので自称5冠。ただしミリマスは引退済み。
なんちゃってSS書き。色々こじらせてめんどくさいと言われがち。

口癖は #律子ぺろぺろ
危ないので石は投げないでください。

個人ID:57798220
事務所ID:6698

一緒にぺろぺろする方、募集中です。

最近の記事

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる